GIANT R3.1 iBert仕様改造

前回はGIANT R3.1にiBertを取り付けましたが
まだ不十分な箇所があったので少し手を加えてみました。
ハンドルを180度回転させて取り付けたのはいいものの
V字になったハンドルは握りづらいったらありゃしない。
それを解決するににはハンドルの位置を高くするか
もしくはハンドルの位置を遠くするしかありません。
というわけで今回はステムを交換しました。
b0193563_1403955.jpg

デフォルトは90mmですがグランジのベッセルステム120mmを取り付けてみました。
R3.1の場合もともとサドルとハンドルの距離が短いので
実は前々からサドル交換は考えていたのですが
わずか30mmの違いがポジション的には
かなり楽になりました。





するとどうでしょう!
b0193563_144741.jpg

前回よりもかなり余裕ができました。
これでクツを履いたままでも足を通しやすくなりました。

と、これだけでは終わりません。
iBertのウイークポイントは子供のウエストを止める
バーがすぐに落ちてしまうことです。
子供を乗せる際にバーが立ったままにならないのは
かなり面倒まんですよね。
b0193563_147402.jpg
常にこのポジションだったら嬉しいのですが・・・
というわで早速改造しました。
iBertの保証書には改造をした場合には保証の対象となりませんとありましたが
今回は誰にでも簡単にできます。
材料は輪ゴムとピンだけなんです!
b0193563_14183389.jpg
バーの裏の金具の隙間にワゴムを掛けて
それを穴を通して表に出します。
b0193563_14193757.jpg
そしてバーの一番手前の穴に通したらピンか何かで輪ゴムを固定します。
b0193563_14203657.jpg
表から見るとこんな感じになります。
いたって簡単なんですがほらこの通り
b0193563_1422193.jpg
これだけ傾けてもバーが落ちません
コツは輪ゴムを二本使うことです。
たったこれだけのことなんですがムスメを乗せるのがかなり楽になりました。
[PR]
by tentoumushicamera | 2010-09-20 14:23 | 自転車/STRIDER
<< こどもの味覚 公園風景 >>