金曜の夜は渋谷の穴場で

b0193563_0321323.jpg
急遽欠員が出たとの情報をいただきまして
渋谷にありますとある焼き鳥屋さんに出かけてきました。
とあるというのは取材拒否の店であるからでして
シーズンオフにはイチロー選手も必ず訪れる程の隠れた名店であります。
今日も営業中に予約の電話がひっきりなしに鳴っていましたが
基本的には常連さんの予約が優先なので
電話だけで予約を取るのは至難の業であります。
皆さん食事をした後に次回の予約を入れていくのですが
すでに年内はいっぱいの状態であります。
大体次回の予約は二ヶ月から三ヶ月先となりますので
「今週の水曜日は空いていますか?」
と電話をしたところで実際に予約で埋まっているので
予約は物理的に不可能だったりします。

今回は美人OL三人にけだものの私が一人でおじゃましました。
18時、19時30分、21時の三回転で
店内はカウンター11席のみ。
11席といっても普通の店なら8席程度の広さに
無理やり詰め込んでいますので
かなり窮屈な空間ではあるのですが
その狭さが心地よいのであります。
焼き鳥屋と書きましたが正式には焼いた鳥料理屋さんというのが正解でしょう。
肉質、鮮度とも超一流であります。
焼き鳥は一本300グラムはある大きなものです。
そんな最高の材料がこれまた絶妙な火加減で焼かれています。
それでいて赤ワイン二杯、壜ビール三本、焼き鳥を頼んで四人で6,400円!
ありえない価格です。




b0193563_043142.jpg
店のヒントはコチラです。
年内にもう一回おじゃまする予定ですが
一緒に行きたがる仲間が沢山いるので誰を誘うか頭が痛い。

そして軽くもう一軒ということで
b0193563_0443918.jpg

BONGOUT NOHで軽く立ち飲み。
ペットの話題からブルーインパルスの話題まで
ガールズトークを聴きながら心地よい時間を過ごしました。
いやいや皆さんお酒が強いので私はたじたじでしたが
たまにはステキな女性に囲まれて食事を楽しむのもいいののですね。
[PR]
by tentoumushicamera | 2010-10-23 00:49 | 美味しいお店
<< 青山こどもの城「よちよちクラブ... BURUNO VENTURA ... >>