子供の為の手作りお菓子

前回はホットケーキの話をしましたが
今回はちょっとだけひねりをいれてみました。
仕事で横浜に行った時のことです。
ルミネのマンゴツリーでグリーンカレーを食べた後
隣にある本屋をブラブラしていました。
そろそろムスメと一緒にお菓子でも作ろうかな?
という気持ちが強く、足は料理コーナーへ
そこで一番最初に目に付いたのが
ホットケーキミックスで作るお菓子の本でした。

どれどれ...
と中身を見るとどれも簡単なものばかり
更にアレンジも簡単で
材料はホットケーキミックス、バター、牛乳、砂糖さえあれば
大体のものは作れてしまいます。
更に炊飯器や電子レンジでも作れたりするので
こどもと一緒に料理をしても
怪我をするリスクは少ないんです。

そんなわけで作ったのが
◆カップコーヒーケーキ
◆バターケーキ
◆蒸しパン(プレーン、大納言、チョコレート)
ですが卵を割って、砂糖を入れて混ぜ混ぜするのはむすめの役割
牛乳を入れて、ホットケーキミックスを入れたら
途中までは親が混ぜ混ぜ
最後の仕上げをまたもむすめに手伝ってもらいます。
そしてこれが肝心!
形に生地を流し込んだら
むすめのものだけわかる様な印をつけます。
今回はかぼちゃの種をむすめのぶんだけ
一粒多い4粒付けました。

そしていざ蒸すわけですが
ガス代を節約する為に
中華鍋&セイロではなくパスタ鍋を使いました。
というのもパスタ鍋だと400cc程度の水で
10分間は蒸すことが出来ますし
蓋がガラスなので膨らみ具合の確認がし易いんです。
さらに中の水切り部分だけを取り出して
そのまま冷やすことも可能です。

むすめはカボチャの種が4粒ついた蒸しパンを見つけだし
すかさずむしゃむしゃ食べてしまいました。
添加物の一切入っていないお菓子は
親としても安心して食べさせられます。
そして出来れば
お菓子は買うものではなく
自分で作るものという認識を
持ってもらいたいと思います。

ちなみに次回はマドレーヌとミルクレープに
チャレンジしてみるつもりです。
[PR]
by tentoumushicamera | 2011-01-24 08:33 | 子育て
<< 幼稚園はどこにしよう ピエールエルメのウエディングケーキ >>