RAW現像

b0193563_1032196.jpg
b0193563_1032949.jpg

上の写真と下の写真の違いがわかりますか?
上の写真はデジカメで撮ったまま
下の写真はRAWで撮ったものを現像してJPEGにしたものです。
一番の違いは色や明るさのメリハリだと思います。
特にこどもの写真では肌をピンクに見せるのが大事ですから
撮影後に補正のできるRAWでの撮影をお勧めします。



ちなみにRAWで撮影出来るのは
一眼レフカメラと一部のコンデジのみになりますので悪しからず。
どんなカメラであってもレンズを通して入ってくる景色は同じなんです
なのになぜ写真の仕上がりが違うのか?
それはカメラの中で勝手に変換しているからなんです。
そして見たままのデータをRAWと読んでいますが
このRAWデータはやたらと重たいんですね
普通のPCでも高性能なスペックでないと
RAWを扱うのは大変だったりします。
ですから小さなコンデジで処理するのは至難の技なんですね
それでカメラ側で勝手に軽いデータに変換するわけですが
これがいわゆるJPEGといわれるものになります。

料理に例えるならばRAWはサカナ一尾であり
JPEGは焼き魚や煮魚だったりするわけです。
焼き魚をもう一度煮込んだり
煮魚を焼いたりしたら美味しくなくなりますよね。
写真も同じでJPEGデータを何度も加工していくと
だんだんと汚なくなってしまうんですが
サカナ丸ごと一尾であれば
何度も料理を作り直すことが出来ますよね。

写真も同じなんです。
カメラは予め、明るさや色合いなどを想定して
JPEGデータに変換するのですが
RAWであれば後から明るさや色合いを調整可能なんです。
そんな膨大なデータ処理は小さなコンデジでするより
PCに任せた方が早くてキレイだったりします。
[PR]
by tentoumushicamera | 2011-02-27 10:35 | カメラ
<< 慌ただしい日曜日 嬉しいやら困ったやら >>