本当の実力とは

ビックカメラとヤマダ電機の比較です。
元々池袋がホームグラウンドだったわたしには
ビックカメラは馴染みが深く、そしてどこよりも安く
電化製品を買えるので助かっていましたが、、、

昨日のこと、用事で池袋に立ち寄りまして
単一電池とガスボンベを半ばあきらめ気味で差がしてみました。
単一電池はメーカーから出荷制限がかかっているらしく
どこへ行っても品切れ状態。
ガスボンベも皆さん買い溜めしているのか
まったく見当たりません。
が、お米も牛乳も池袋西武では普通に販売されていたので
ラビ日本総本店ならあるだろうと思いまして
足を運んだのですが入荷未定とのこと
仕方がないのでその足で今度はビックカメラ本店へ

するとどうでしょう
数量限定ではありますが
電池も懐中電灯もガスボンベも販売しているではないですか!
方や入荷未定で、方や少量ながらも販売しています。
国内メーカー品ではないかもしれませんが
こんな時に中国や台湾から商品を引っ張って来て
少しでもユーザーに提供しようという姿勢は好感が持てます。
と同時に各メーカーが優先的に商品を供給する
優先順位があるということも感じました。
確かにヤマダ電機は家電売上日本一になりましたが
品揃えや店員の教育レベル、それに伴うユーザーの満足度が
はたして日本一なのか
売れる商品を優先的に置いて
需要の少ない商品は見向きもしないという方針は
確かに販売効率から見ると理にかなっているのですが
あそこに行けば何でも買えるという
ワンストップショッピングとしては物足りない気がします。
今や家電量販店は中国人観光客に対して
定番商品を大量に販売することで売上を維持していますが
顧客が欲するものを常に提供するという姿勢が大切ではないでしょうか。

単一電池は被災地に対して大量に必要であります。
万が一に備えて蓄えるのは間違いではありませんが
現在必要としている方々に届けるのが今は最優先となります。
電池が必要な方は海外から購入しましょう。
我が家でも懐中電灯と単一電池はアメリカの通販サイトより取り寄せ中です。
マグライトも電池も円高の現在では
国内定価の半額近くになってますからね。
[PR]
by tentoumushicamera | 2011-03-19 09:43
<< 門前仲町ロケ写真 おすすめ震災GOODS MAG... >>