Akasaka Sparkling Party

というわけで前回の続編となります。
b0193563_22442352.jpg

今回のワインは以上のとおりです。
7酒類のスパークリング(シャンパーニュも含む)が飲み放題で4,500円は
とってもお徳なんです。
そんなわけで泡好きな仲間が自然と集まるわけでありまして・・・




最初は上品に乾杯から始まります。
b0193563_22465290.jpg

今回の主催者であります株式会社ドリームフォリオの伊澤 成典氏が丁寧にワインの説明をしてくれます。
伊澤氏は日本ソムリエ協会シニアワインアドバイザー&ソムリエという不思議な肩書きを持っていますが
楽しくわかりやすくワインの説明をしてくれますので
ワインアドバイザーもソムリエも目指さないただの飲んだ暮れオヤジの私にとっては
神様みたいな存在であります(笑)
b0193563_22473892.jpg

ランソンのブラックからスタートです。
まだ大学生の時分に赤坂のとあるレストランでアルバイトをしておりましたが
当時は1本10,500円もするランソンのブラックは憧れの泡でした。
SUNTORYが輸入元でしたがI・W・HARPERが一本4,000円の時代で
大学生の小僧がシャンパーニュを飲むなんて100年早いといわれ
近所では今でこそ超有名人であるラ・ベットラの落合さんが
TBS会館の中にあるグラナータで料理人をしておりまして
日曜日に800円のランチを食べる我々貧乏学生の席にまでお越しいただき
「お口に合いましたでしょうか?」
と丁寧なご挨拶を頂戴しまして驚いたことは今でも鮮明に覚えています。

しかし今では飲みなれてしまった?ランソンのブラックよりも
気に入った泡がありました。
子供の頃、日曜日は小田急線に乗って新宿へやってきて
小田急百貨店でお買い物&食堂でお子様ランチを食べるのが好きだった時代
まるでサザエさんのような平和な昭和の後期のことです。
デパートできれいなお姉さんとすれ違った瞬間に
なんだかわからないいい香りがしたのを覚えています。
きっとコロンの残り香なのかもしれませんが子供心にドキドキしたものでした。
Guy Merciol Cremant d'Alsace を開けたときに
ほんの瞬間ですがその時と同じ香りがふわっと鼻腔をくすぐりました。
感じたのは私だけかしれませんが
シャンパーニュではなくクレマンなんですが
いい香りで味わいは素直で優しく
本日お気に入りの一本となりました。

私のつまらないコメントはさておき
会場はこんな雰囲気でした。
ブログへの掲載許可はいただいたのですが
皆様アルコールが・・・
かなり・・・
ですから記憶にない方はご連絡願います。
写真をおろしますのでご安心ください。
b0193563_23703.jpg

こちら一番乗りのお客様
b0193563_2371345.jpg
ご夫婦なのでテナント看板の明かりを照明代わりにパチリ!

ちゃんと料理も撮ってますよ。
b0193563_238719.jpg
b0193563_2381612.jpg

実はシェフが変わりまして料理の味付けもちょっとだけ変化がありました。
b0193563_2390100.jpg
b0193563_2391259.jpg

今回は泡がメインなのでじゃまをしない料理でした。
b0193563_2394763.jpg
b0193563_2310337.jpg

ワインクイズやビンゴでしっかり商品をGETしてニコニコ!
b0193563_23105410.jpg

おいおい、そんなに撮るなよ!
動くと写真がブレますよ!!
あらっ、泡のせいで私の脳内がブレていたらゴメンナサイ。
b0193563_23112112.jpg
姫君は絶好調
この後は夜の赤坂で二軒目、三軒目と楽しんだに違いありません。

いやいや楽しい時間に感謝感謝♪

次回は5月19日となりますので興味のある方は
http://www.goodwinelife.jp/akasaka_sparkling_party_1/index.html
で確認してみてくださいね。
[PR]
by tentoumushicamera | 2011-04-24 23:13 | 美味しいお店
<< お陰様で三周年 新宿御苑で写真撮影会 >>