自転車を探しに西片まで REW10ワークス

b0193563_6205110.jpg
以前の日記にも紹介しましたが
来年の春からムスメを幼稚園に通わせるにあたり
今の前乗せ自転車では限界があるので
第一候補として文京区西片にあるREW10ワークスさんの
こども乗せ自転車を実際に見せてもらうことにしました。






春日駅のA6出口から歩いて3分
b0193563_624682.jpg
住宅地の片隅にあるのがREW10ワークスさんです。
HPを拝見してもわかるのがとにかくこだわりがカッコイイ。
ものづくりの姿勢がとにかく一直線なんですね。
そのあたりは私も写真職人なのでとっても理解できます。
自分がいいと思ったものしか作りたくないんです
たとえお金を積まれても(笑)
しかし、営業としてやっていくにはある程度の妥協も必要だったりするので
REW10さんは悩んでいる様です。
そのキモチよーーーーくわかります。

と無駄話はさておき
b0193563_62818100.jpg

やっぱりよくできています。
この自転車はREW10さんの奥様が乗っているそうですが
何よりもシャコタン、、、ではなく低重心なんですね。
前乗せ自転車でハンドルを取られるとバランスをとるのが難しいんです。
こどもを乗せたままコケてしまうお母さんを見かけることもありますが
男性の腕力でも厳しいのに
か細い女性ならなおのことです。
b0193563_6313233.jpg

しかし、この自転車はこどもの座面が低い位置にあります。
なおかつ万が一転倒してもハンドルバーや、大きなフットレストがバンパーの役割目をするので
こどもが地面に衝突するのを防げます。
さらにクランクの位置が低いので足つき感も良くなっています。
b0193563_634342.jpg
とにかく安全重視なのでブレーキはディスクブレーキ
この自転車は最高速度15キロを、行動範囲は半径3キロ程度を想定しているそうですが
歩道を走っても快適そのものといった乗り心地だそうです。
基本的に自転車は左側通行&車道を走るものですが
こどもを乗せて車道を走るのは怖いものがありますから
歩行者の安全を維持するためにもスピードを出さずに
でも安定して歩道を走ることが仕様になっているそうです。
b0193563_6383232.jpg

ちなみにこどもが成長したら
チャイルドシートを取ってカーゴバイクとしての使用も可能なんだそうな。
実は後ろから見たアングルですがとってもバックシャンなんですね。
この自転車でお花やランドリーを配達したらかっこいいかもしれませんね。

b0193563_6411615.jpg
私が気になったのはこちら
29erの実用車なんて通常はありえません。
でっかくてカッコイイです。
それでいてイギリスの田舎道を走ったら似合いそうなアンティークなデザインなのに
最新式シマノのアルフィーネ内装11段が組み込まれています。
羊の皮をかぶった狼ならぬ
馬の皮をかぶったチーターか?
この2台が一緒に走ったらどんなにカッコいいことでしょう。
みんなが振り返ること間違いなし!
[PR]
by tentoumushicamera | 2011-06-19 06:48 | 自転車/STRIDER
<< 練馬区でも評判のケーキ屋さん 写真を選ぶ難しさ >>