手打ち蕎麦あずま

ホテルにチェックインを済ませ
約束の時間まで2時間ほど余裕が出来たので
ホテルのスタッフに腹ごなしを出来る店を聞いたところ
教えていただいたのが近所の手打ち蕎麦あずまさん
b0193563_17511693.jpg
かなり大きな店構えでちょっとがっかり
だってマニアックな店はこぢんまりと営業しているのが定説なのに・・・




とりあえず店に入ってみることに
b0193563_17524016.jpg
メニューは蕎麦のみでうどんやほうとうはありませんでした。
どうやら本当の蕎麦屋さんみたいです。
そんなわけで注文したのはせいろを二枚
一枚はワイフ用、もう一枚はむすめ用として
むすめは美味しければしっかり食べるし
そうじゃなければしっかり残すし
さてどうなることやら。

ひとくち食べてみると香りが口の中に広がります。
さらに歯ごたえがしっかりしてるが
田舎蕎麦ほどのものではない
ちょうどいい固さとなっていました。
となると案の定むすめはせいろ一枚をぺろり♪
かなり美味しかったみたいです。
そんなわけで店主に美味しさの秘密を聞いてみると
そこにはそば粉に対するこだわりがありました。
b0193563_17571832.jpg

話をしていると蕎麦談義が終わらなくなりますが
なんとなく蕎麦屋をやっているわけではなく
とにかく美味しい蕎麦を食べてもらいたくて
営業しているという気持ちがひしひしと伝わってきました。
それでいて値段は観光客価格ではなく普通なのでさらにビックリ
意外な穴場を発見できて本当によかったです。
[PR]
by tentoumushicamera | 2011-09-01 17:59
<< 頑張った、頑張った 富士ビューホテル >>